プライバシーポリシー
リンク
サイトマップ
オンラインショップ
PAS a PAS HARAJYUKU
ニュース
カタログ
プロダクト
取扱店
企業情報
HOME
HOME > 企業情報 TOP(会社概要)> SASAKIの歩み
  • 企業情報TOP
  • SASAKIの歩み
  • 採用情報
ササキ原宿店 PAS a PAS
SASAKIの歩み
小さなスポーツ用品店からはじまったSASAKIの歴史。
たくさんの選手の声を聞く中で、「選手たちが求める製品をつくりたい」との想いから体操・新体操用品の製造開発への取り組みを始め、世界的なスポーツメーカーへと成長を遂げて参りました。
image
image
image
image
沿革
1957年   3月
日本体育大学内スポーツ店として創業。
1960年   9月
ローマオリンピックにおいて、初めて体操日本選手団の試合着を提供。
1961年   3月
東京女子体育大学内にスポーツ店を開設。
1966年   5月
財団法人 日本体操協会より推薦会社の指定を受ける。
1967年   4月
全国高等学校体操連盟体操部より推薦会社の指定を受ける。
1972年   2月
営業本部を東京都世田谷区池尻に開設。
1976年   3月
SASAKIブランド 全国特約店販売を導入。
1976年   4月
財団法人 日本体操協会より新体操試合用手具検定工場に認定される。
1977年   4月
SASAKIブランドの代理店制度を導入し、ルート販売を確立する。
1980年   6月
財団法人 日本体操協会より体操服装認定業者に認定される。
1982年   8月
東京 原宿駅前にSASAKIパイロットショップ(原宿店)を開設。
1982年   9月
ISPO「ドイツ国際スポーツ見本市」に出展、SASAKI製品の輸出を開始。
1983年   3月
国際体操連盟(FIG)より新体操手具の公認を取得。
1983年   5月
本社を東京都世田谷区池尻2丁目に移転。
1984年   8月
ロサンゼルスオリンピックにて新体操日本選手団の試合着と手具を製作。
1985年   5月
ブルガリア新体操連盟のオフィシャルサプライヤーとなる。
1988年   9月
ソウルオリンピックにて体操日本男子の試合着を製作。
1991年   9月
日本体育大学 健志台校に売店開設。
1991年 11月
廣西 俊二が代表取締役社長に就任。
1995年   6月
本社を東京都世田谷区池尻3丁目に移転。
1996年   8月
アトランタオリンピックにて体操日本女子の試合着を製作。
1999年   9月
新体操世界選手権大阪大会の新体操手具検定板を製作、提供。
2000年   9月
シドニーオリンピックにて体操日本男子の試合着を製作。
2003年   5月
SASAKI CUP(全日本新体操ユースチャンピオンシップ)の特別協賛者となる。
2004年   8月
アテネオリンピックにて体操男女、新体操の試合着を製作。
2008年   8月
北京オリンピックにて
ブルガリア新体操ナショナルチームのオフィシャルサプライをする。
2009年   4月
2009年日本新体操ナショナルチームのオフィシャルサプライヤーとなる。
2009年   9月
第29回世界新体操選手権 三重大会に大会スポンサーとして協賛する。
ページアップ↑